1999

この年を彩るキーワード
東海村で臨界事故、初めての脳死移植実施、自自公連立政権発足、新ガイドライン関連法が成立、EUで「ユーロ」導入、2000年問題、AIBO、カリスマ、iモード、癒し、リベンジ、学級崩壊、ミッチー・サッチー、シロガネーゼ、勝ち組負け組
一般曲の主なヒット曲(国内)
だんご3兄弟(速水けんたろう、茂森あゆみ)、A(浜崎あゆみ)、ウラBTTB (坂本龍一)、Automatic(宇多田ヒカル)、LOVEマシーン(モーニング娘。)、A・RA・SHI(嵐)、本能(椎名林檎)
一般曲の主なヒット曲(海外)
Smooth(Santana)、I Want It That Way(Backstreet Boys)、Livin la Vida Loca(Ricky Martin)、Baby One More Time(Britney Spears)、Genie In A Bottle(Christina Aguilera)、Umpretty(TLC)、Angel Of Mine(Monica)

 

READY B-FIGHT!
(爆球連発!!スーパービーダマン OP)

歌・遠藤正明
作詞・里乃塚玲央 作曲・渡部チェル 編曲・渡部チェル

叫べB-FIGHT! もっと奇跡つかめるまで
燃え上がれ 俺たちの熱きB魂
どんな時も勝利諦めない 勇気が武器だぜ
今READY B-FIGHT GO!

前年最後に続いて、さらにビーダマン。これまた「暑い」曲だが、今回は歌手も遠藤正明で、カレーにカレーをかけて食うような状態。暑いにもほどがある。ただ、この曲は渡部チェルのメロディーが良くって、熱いなかでも旋律がはっきりと聞こえてきて良い。田中公平的に仕上がっている。ビーダマンは最新作もOPを今度はおっさんが熱い曲歌ってて、これも良かった。この番組は侮れないね。(P)



Pure Snow
(火魅子伝 OP)

歌・佐々木ゆう子
作詞・佐々木ゆう子、山本英美 作曲・木根尚登 編曲・西脇辰弥

Pure Snow Pure Heart
ふたり出逢った日も 雪が降っていた
恋よりもせつなくて 愛よりもウソのない
運命を感じたの


マイナー作品のメジャー主題歌の近年の代表作。作曲は自分ところのグループの曲より、他人に書いた曲の方が力が入っている木根尚登。美しさと切なさと、心を打つ情感を持つ曲で、アニソン好きには非常に親和性のある曲。これは名曲!しかし、この曲調なのに、なんでこんな女子高生の日記みたいな具体的な歌詞が付いてるのかはようわからんが・・・。SMAPの曲じゃあるまいし。この曲が余りにもよかったために佐々木ゆう子のアルバムまで借りてしまったわ。もひとつだったが。(P)



おジャ魔女カーニバル!!
(おジャ魔女どれみ OP)

歌・MAHO堂
作詞・大森祥子 作曲・池毅 編曲・坂本昌之

お空にひびけ ピリカピリララ
とんで走ってまわっちゃえ
テストで3点、笑顔は満点
ドキドキワクワクは年中無休


近年ではかなりの長期ヒット番組となった『おジャ魔女どれみ』。原作のマンガの絵を描いてるのが『スパンク』のたかなししずえということに一番ビビったが・・・。ヒットのスパン長すぎ。この作品は良質な子供番組の見本のような作品で、もちろん主題歌も全てオリジナル、しかも名曲がズラリ。OPの映像も非常に力が入っていて、OP好きには非常に嬉しい番組。最初の主題歌の作曲はおなじみ池毅。非常にストレートで楽しいポップソングで、どれみ達がびゅんびゅんとはね回る大いに動く映像もとても印象的だった。(P)



Butter-Fly
(デジモンアドベンチャー  OP)

歌・和田光司
作詞・千綿偉功 作曲・千綿偉功 編曲・渡部チェル

ゴキゲンな蝶になって きらめく風に乗って
今すぐ キミに会いに行こう
余計な事なんて 忘れた方がマシさ
これ以上 シャレてる時間はない


んでもって女の子向けの『どれみ』に対し、男の子向けアニメでロングランの人気シリーズになったのが『デジモンアドベンチャー』。ぶっちゃけると、この時期雨後のたけのこのように現れたポケモンフォロワーのひとつだったんですが、もっと尖った『男の子』らしいそのノリでアニメおよびアニソン的にはともに本家を上回る勢いがありました。ヌケのいい和田光司ボーカルの主題歌「Butter-Fly」も、ちょっと背伸びしたいさかりの成長期の少年をイメージさせるような作品世界を象徴する爽快な曲。この後も名曲揃いとなったデジモンシリーズだけでなく、この頃のNECインターチャンネル系アニソンには勢いがありましたわ。(は)



ドリルでルンルン クルルンルン
(D4 プリンセス ED)

歌・川菜翠 麻績村まゆ子
作詞・川菜翠 作曲・名古屋司 編曲・名古屋司

ドリルでルンルン クルルンルン
みんなの幸せ 守るん ルン☆
憧れと希望をのせて 回り続ける


「印象度」では『ガオガイガー』と並んでこの時期のベスト曲の一つ。説明不要、「ドリル」という語幹のインパクトだけ。連呼型にしてもその言葉が「ドリル」、しかも女声デュエットとなると心に残らない訳にいかない。しかし、『メダロット』のOPでも見せた名古屋司のスピーディでやや泣きのあるメロディを持つ曲も出来がよく、単にネタで終わってない。(P)



DA・LI・A
(星方天使 エンジェルリンクス)

歌・宮原理和子
作詞・青木久美子 作曲・浅田 直 編曲・大門一也

DA・LI・A dondondondondolululun まぶしすぎて
太陽もわたしのあとをついてくる
だから情熱は全部 あなたの中で
誰よりも明るい 花になる


んでもって「D4」に続いては同じWOWWOWアニメのエンジェルリンクス、まあ内容はさておきこっちも曲に関しては光るモノがありました。
疾走感に満ちたハスキーヴォイスのOP「All My Soul」、そして喜多郎チックな穏やかなメロから一転して激しく駆け上っていくED「True Moon」とともにパワーとミリキ溢れる女性ボーカルで、作品イメージとも合った名曲。
さらに挿入歌「DA・LI・A」は最初からアクセル踏みっぱ、フルスロットル!の超アッパーソング、それでいて聞いた後にえもいえぬような余韻を残していく、EDのカップリングという扱いながら忘れられない一曲となりました。
ちなみにボーカルの宮原理和子はこれを歌った当時、にゃんと若干12歳。たしかに言われてみれば声に幼さが残ってますが「メールとかギフトよりもねぇ、つながりたいよ〜♪」とか歌わせんなっつーの、素敵やん。(は)




だって、大好き!
(天使になるもんっ! OP)

歌・COMA
作詞・柚木美祐 作曲・周防義和 編曲・周防義和

だってだってだってだって大好きだから
どこどこどこどこどこでもついてく
だってだってだってだって愛してるから
ずっとずっとずっとずっと一緒がいいんだもんっ!
いいんだもんっ! いいんだもんっ!


この年鑑のなかで何度も言っていることだが、魔法少女の番組というのは、非常に幅が広い主題歌を取れるということで、アニソンの曲調拡大に大きな貢献をしている訳だ。で、この曲もそのなかでやや毛色の変わった魔女っ子番組主題歌の一つだろう。
「だってだって〜だってだって〜」という連呼から始まる非常にまったりヘロヘロの曲だが、アニソンのまったり曲によくある叙情とか萌え感は全くなく、さっぱりとした独特の感触がある曲。作曲したのは周防義和。周防正行のいとこで
『ファンシイダンス』とか『Shall we ダンス?』の音楽を担当した人。そして、歌っているCOMAは周防氏の女声ユニット。行進曲的なアレンジや歌詞回りとかがとても印象深い割に洒脱感を備えた曲で、そういう意味では往年の「渋谷系」(ぷぷ!)に近いナチュラル感。(P)

大野哲也が描いてたコミカライズ版読んでた自分の記憶では、魔法少女というか「て〜んしてんし、天使になるもんっ!」とのたまいつつ屋根の上からヒモ無しバンジーを敢行する電波少女の話だったような気がするんですが、どうか。OPだけでなくNHK教育の番組やCMソングでもおなじみ、おおたか静流の声楽が壮大なスケールを醸し出すED「あいは海」もまたオススメ。(は)



限りなき旅路
(∀ガンダム 最終回ED)

歌・奥井亜紀
作詞・C.Piece 作曲・菅野よう子 編曲・菅野よう子

限りなき旅は続く
わき出るような痛みに
突き動かされ歩きつづければ
目の前に今こそ扉は開く


ふりそそぐ光、雄大な川の流れを壮麗なストリングが紡ぎ、その中をシアトリカルなピアノが風のように駆けめぐる。そして力強いギターが締めるブリッジ。そして、坂本真綾とも新居昭乃とも違う、奥井亜紀のパワフルでありながら優しい歌声。とにかく洗練された雄大な叙情感は菅野よう子の独壇場。転調後の盛り上がりぶりはもう絶句。(P)



君のとなり
(ペルソナ2 罪  ED)

歌・hitomi
作詞・hitomi 作曲・hitomi 編曲・吉俣良

今すぐに笑ってあげましょう 今すぐに歌ってあげましょう
少女から大人になるその瞬間に
灯火とざさぬように


次世代機の登場で主題歌がつくようにはなったものの、ゲームソングといってもアニソンよりさらに機械的に適当なシングルとタイアップして、一過性の話題にしかならないような曲がほとんどですな。そんな中からみづらそうなメガテンのテーマソングながらこの「君のとなり」は珠玉の一曲。
むしろ小室プロデュースから離れてから精彩を感じ始めたhitomiの、繊細で優しくそれでいて尖った、壊れてしまいそうなその詞・その曲はCMで耳にしただけでも忘れがたいほど鮮烈でした。そしてゲーム中では印象的にインストが流れ、ラストでも切ないEDを飾った曲として作品ともわかちがたい存在となることに。(は)




知恵と勇気だ! メダロット
(メダロット OP)

歌・竹内順子
作詞・名古屋司 作曲・名古屋司 編曲・名古屋司

でっかく生きろよ 男なら!
横道それずに 真っしぐら!
過激に生きてる男なら
ハートはいつでもまっかっかっかっかっ
燃えてるさ!


同じくポケモンフォロワーながら、こっちはヤンチャな悪ガキっぽいノリでこれまたアニメは傑作となった『メダロット』。PEROさんも前述してる通りな名古屋司のやんややんやとハイテンションな突き抜けた曲を、声優自ら歌うというキャラソングで本編との相性もピッタリでした。ED「やっぱり君が好き!」も同じくキャラソング的なノリながら、いかにも女の子っぽくかわいらしい曲。
…なんか続編もあったような気がするかもしれないけど、そっちのことは思い出さなくていいです。(は)




CAUTIONARY WARNING
(課長王子 OP)

歌・John Sykes
作詞・John Sykes 作曲・John Sykes 編曲・John Sykes

You are my complicator
You are my instigator
You are my aggravator
Cautionary warning


いわゆるヘヴィメタ&ハードロックというのはアニメオタク界と非常に立ち位置が近く、ハードロッカーの名士の巣窟JAM Projectを筆頭に、アニソンにも沢山のその手の音楽が溢れている訳だが。このOPに至っては、もう直輸入。元・ホワイトスネイクのジョンサイクスですよ。余りにもストレート。余りにも濃厚。アニメ向きのアレンジとかなし。ロボットアニメとかならこれだと濃すぎるところだが、音楽がらみの内容の作品であるので、ほとんど違和感なし。(P)



Get Peace&Love
(アクエリアンエイジ 覚醒の乙女たち)

歌・Hiromi Sudou
作詞・森ユキ 作曲・Yusuke Sakamoto 編曲・Yusuke Sakamoto

anytime & anyplace 流れゆく時代に
変わらない 愛しさを つたえて
lonely nights & lonely days すべてを失くしても
いつまでも 求めてる Get peace & Love


あ〜、これまでもさんざんマイナー曲ばっか扱ってきたこの歌年鑑ですが、これまたマイナーなブロッコリーの企画モノCDの話してもいいっすか?かってカバーバンド・KEY OF LIFEをプロデュースしていた坂本祐介の手になる、電波CMソング「Welcome!」をはじめとするキャッチーなそのテの曲の数々はなかなか悪くなかったんですわ、これが。(しかしDi Gi Charat関係のCDはやたら連発してるうちに、気がつけばかっての曲のリミックス版ばかりに…)
宇宙・スペース感漂うデジタルサウンドとしっとりした優しいボーカルの「Get Peace & Love」をはじめとする、カードゲーム『アクエリアンエイジ』の一連の曲もなかなかの傑作揃いで、プロモビデオやCMでさんざん流れてたので聞けば記憶が蘇る人もいるかもしれません。…しかしこの後アニメ化されたアクエリアンエイジはなぜかワケワカな芸能界モノになってて当然のように大コケし、ブロッコリーの株価をおもいっきり傾けたのでした。(は)




愛のダ・カーポ
(ルパン三世 愛のダ・カーポ -FUJIKO's Unlucky Days- ED)

歌・ソニア・ローザ
作詞・ 渡辺なつみ 作曲・大野雄二 編曲・大野雄二

忘れないわ  熱く甘いささやき
きらめく夏のせいね 恋は多分夢ね
震える波音 遠ざかる渚


これ以上ないほど不評のテレビスペシャル版のルパン。もうそろそろ20年ごしの押井守監督でええやん。お互い刺激不足やからちょうど良いかも。
しかし、音楽は延々と大野雄二が担当、主題歌だけは何とか全盛期を彷彿とさせる訳ですが。この曲は11番目のテレビスペシャルのエンディングテーマ。この回は一応テレビでだらだら見たんですが、最後の曲だけピーンときました。ヘロヘロの日本語がイカす、へっぽこエレラテンポップ。後でルパンのテレビスペシャルだけのテーマアルバムを聴いても、この曲が一番よかった。(P)




WILD ARMS 2nd IGNITION〜どんなときでも、ひとりじゃない〜
(WILD ARMS 2nd IGNITION  OP1)

歌・麻生かほ里
作詞・なるけみちこ 作曲・なるけみちこ 編曲・外山和彦

どんなときでも あなたはひとりじゃないよ
つないだ手は離さない
信じてる あの日の絆 強い想いが
同じ夢を探し続けてる


『天使の詩』、そしてこの『WILD ARMS』シリーズと寡作ながらゲーム音楽の世界では名高いなるけみちこ。『物語』を感じさせるその曲の持ち味はBGMだけでなく歌モノでも発揮されていて、OPには定評のあるシリーズ中でも個人的には一番の名曲がコレ。
流れていく時間、そして茫漠とした荒野を想起させる壮大なメロと、声優よりはミュージカル俳優として慣らした麻生かほ里の情感を湛えた烈しいボーカルの力があいまって、まさにドラマの始まりを感じさせます。後にアルバム『alone the world』に収録されたフルコーラスバージョンでは、さらにえもいえぬような叙情感が大爆発。原曲とはややアレンジは異なりますが、どっちかっつーとこっちのが好みです。(は)




夢のチカラ
(ごぞんじ!月光仮面くん ED1)

歌・Rooky
作詞・及川眠子 作曲・平間あきひこ 編曲・平間あきひこ

愛のチカラ (愛のチカラ)
贈るからね (私はただ)
いつの日か 誰よりも
まぶしく輝くあなたに


なぜかこの年、浦沢義雄脚本ながらわりとヌルめのギャグアニメとして月光仮面がリメイク(?)。そのEDを歌っていたのが『スーパードール★リカちゃん』でもおなじみ4人組のアニソンユニット・Rookyで、後述する影山ヒロノブの「魂のエヴォリューション」のそれと共に彼女らがローラーブレードでおっかなびっくり滑るという、いつの時代だ!みたいなアナクロなCMが流れてたのはたぶん一生忘れまへん。
曲の方もちょっとアナクロなエールソングで、決して上手かないんですがこれが若さか!と思わせるキラキラしたそのハーモニーは日曜朝のアニメにはピッタリでした。が、この曲を最後にRookyは姿を消してしまい残念無念。(は)




KissからはじまるMiracle
(鋼鉄天使くるみ OP)

歌・STEEL ANGELS
作詞・荒川稔久 作曲・佐橋俊彦 編曲・佐橋俊彦

ぱわふる みらくる 今来る!
弾ける まじかる わんだふる!
リリカル コミカル 恋する とろける
み・ら・く・る・み!


これも「ドリルで〜」と同じ、インパクト重視の名曲。『くるみ』もそのD4プリンセスと同じ、WOWOWの無料枠でやってた、かわいいロボットメイド達が一人の男を囲むというエロゲ寸前のハーレムアニメ。それなりのヒットを記録し、以降続編ができたのみならず、この路線自体が固定になって『りぜるまいん』や『花右京メイド隊』等の番組に繋がっていく。
鋼鉄天使(榎本温子、倉田雅世、田中理恵)達による「み・ら・く・る・み」のキメも高らかな、もだえ苦しむような萌え満開の曲。この時期のもうええわ感というか、萌えて何が悪い感を如実に伝える曲。僕は、この曲と楽しめたことをきっかけに、「あー僕もアニソン好きになったな」と実感しました!そろそろブレイク寸前という感じの佐橋俊彦においても、この路線で確固たる地位を築くきっかけになった名曲。OVA版EDの「すきすきすきすキスして」も最高でした。(P)




走れ走れ
(地球防衛企業ダイ・ガード ED)

歌・遠藤響子
作詞・遠藤響子 作曲・遠藤響子 編曲・菅野よう子

走れ走れ走れ 走れ走れ走れ
走り続けるのさ
たまには景色を楽しんで
走れ走れ走れ どこまでも行くよ


エヴァ以降のアニメブームに乗って、上記した『くるみ』の原作や『天使になるもんっ!』そして『地球防衛企業ダイ・ガード』などのコミカライズが大挙掲載された大きなお友だち向け冒険王、『エースネクスト』が創刊されたのもこの年。
このEDははしれはしれはしれ〜と連呼する歌詞ながら、春風駘蕩とした暖かいアコースティックサウンドとまったりとした穏やかな歌声が心に染みるような曲。ロボットアニメのものとしては異色ながら、泥臭いまでにカコイイOP「路地裏の宇宙少年」とともに想い出に残る曲となりました。菅野よう子とも親交があるシンガーソングライター・遠藤響子もアニソンを手がけたのは今のところこの作品だけで、ちと惜しい話です。(は)



dis-(CLUB MIX Version)
(無限のリヴァイアス OP)

歌・有坂美香
作詞・岩里祐穂 作曲・M Rie 編曲・M.I.D

光をあたえて やり方はわからないけど
出会う時を知るために
つないでゆく見えないものの在りかへ
最後の宇宙壊していま明日へ


これまた重要な作品の割に、個人的にほとんど全く知らない作品。超暗いバイファムぐらいの印象しかない。ただ、主題歌は異常なまでの人気で、エヴァ以降の世代には外せないスタンダードアニソンになっている模様。「CLUB MIX」とわざわざ銘打つこじゃれたオケに、ソウルフルな女性ヴォーカルが乗る、非常に垢抜けた曲。それでも、「Duvet」ほどの完全なスカし曲ではなく、わずかにアニソンらしいクサさというか、ベタさがメロディーラインなんかに残っていて、宇宙を舞台にした作品らしいロマンチックな匂いがある。この曲、死ぬほど一杯リミックスがあって、ややこしいんだよね。(P)



魂のエヴォリューション
(ビーストウォーズ メタルス〜超生命体トランスフォーマー〜  OP1)

歌・影山ヒロノブ
作詞・吉元由美 作曲・鈴木キサブロー 編曲・河野陽吾

眠れる夢を いま揺り起こせ
天と地を結ぶ奇跡のために
心の奧で 騒ぐ血潮の
太古の叡智をよみがえらせて


…そして数分後、そんなリヴァイアスの余韻をブチ壊しにするかのような声優の前説コントで始まる『ビーストウォーズ メタルス』。それだけに止まらず本編もアドリブ満載で、ついには本筋と関係ないギャグだけの総集編をでっち上げた怪作として以後のお宅族にとっては、共通認識的なネタとなったんじゃないでしょーか。
前作に比べるとベタながら、シリアスなピアノのイントロから始まり影山ヒロノブがソウルフルに歌い上げるそのOPは、先の展開が気になってしゃーない本編ダイジェストの映像の力もあってロボットアニメの主題歌としては申し分ない盛り上がりっぷり。荘厳ともいうべきメロの重厚なOP2「千年のソルジャー」といい、やっぱ影山ヒロノブはJAMでやるよりもソロの方がいいんちゃうん?と思う次第でございますよ、ホント。(は)




Neo Evolution
(超神姫ダンガイザー3  OP)

歌・池澤春菜 桑島法子 木村亜希子
作詞・及川眠子 作曲・谷本新 編曲・坂本昌之

目を覚まして 空からの声に誘われて
流れ出す時の Neo Evolution


当時パピポ・外伝・ZIPの三誌を擁していて勢いがあったのかどうか知らん、フランス書院が世に問うた(わりには18禁ってわけでもない。なぜか)ロボットアニメがこのダンガイザー3。ま、中身はダンガイオーとレイアースとエヴァを足して10くらいで割った感じのオオバリスム満点なアニメだったんですが、主題歌だけは実によかった。
言わずと知れたエヴァ以来アニソンでも名を上げた及川眠子のミステリアスな詞に、一般曲でもおなじみ谷本新の曲は声優アイドルユニットソングらしいキャッチーさで、まさに作品ごと隠れた名曲。上連雀とCHOCO目当てにZIP買ってたもんで、ついうっかりこのアニメ見ちゃった自分にゃコレだけが最大の収穫でしたわ。(は)




ウルトラマンナイス
(ウルトラマンナイス)

歌・Project D.M.M.
作詞・里乃塚玲央 作曲・小杉保夫 編曲・MANTA

おお 待ってたぜ ベリーナイス光線
ナイス!ナイス!ナイスな友達
ウルトラマンナイス!


個人的にゃ、平成ウルトラでも一番好きな曲がコレ!なんですがマイナーゆえいつものように作品内容から解説しとくと、「ウルトラマンナイス」とはティガ再放送時のCMに登場する、地球のおもちゃを狙う宇宙人と闘う防衛軍一家(じいさんばあさんは初代ウルトラマン・黒部進と桜井浩子)のお父さんが変身するコミカルタッチのウルトラマンでした。
が、このテーマソングは小杉保夫の曲でナイスをいけいけドンドンと応援するテンションの高さもさることながら、「苦しいとか 辛いとか 疲れてもうダメだとか 僕らと同じで悩むだろうか?」とちょっぴり人間的な弱みを吐露してるあたりもポイントが高いです。ナイス自身も心臓部にカラータイマーを配したアンシンメトリーなデザインが実に美しく、埋もれさせてしまうには惜しい作品。(は)




C.H.O.C.O.
(トラブルチョコレート OP)

歌・丹下桜、氷上恭子
作詞・富樫明生 作曲・富樫明生 編曲・富樫明生

C.H.O.C.O. 君としよっ!
Chocolate Chocolateみたいに 熱く
燃えるほどとろけるような恋


MCAT大先生の特異性というか、『天上天下』のOPのボンバヘも出色だったが、滑稽さとかっこよさのバランスが本当に絶妙で、この人にしか出せない味が確かにある。ただ、この人が自分で歌うと余りにもエッセンスが濃すぎちゃう。そこで、この人の曲を他人が歌うと丁度いいカフェオレ具合になる。デビュー当時のDA PUMPは大成功のケース。
そのもう一つの成功例がこの曲。「ド!ド!ド!」というシンコペーションやサビの「C!H!O!C!O!」という連呼はまさにMCATらしい個性。それを声優声が絡まってとってもいい感じ。これで途中にわけわからんラップが入っていたらもう完璧だったがなぁ。正直エイベックスが関わったアニメの主題歌は、「頭文字D」など一部を除いてほとんどダメだが、これも幸運な例外の一つ。(P)


このアニメも色あいがきっつい初期のデジタル彩色や、放送後の痛い声優コーナーなど今となっては深夜アニメの勃興期を彷彿とさせますな。松田聖子のヒットナンバー、「あなたに逢いたくて」をパラパラ調にアレンジした後期EDも時代を感じさせますが、当時としてはなかなか新鮮でこれまた悪くなかったかと。それこそ後に『名探偵コナン』のOPでやってた、超気まずい仏頂面パラパラに比べりゃ…。(は)



BIG-O!!
(THE ビッグオー OP)

歌・永井ルイ
作詞・永井ルイ 作曲・永井ルイ 編曲・永井ルイ

BIG-O!
CAST IN THE NAME OF GOD
YE NOT THE GUILTY
WE HAVE COME TO TEAM!
BIG-O!


『ビッグオー』は何か元ネタを敢えてさらすことで逆に得してるというか。このOPも映像はウルトラセブン。そして曲はクイーンという、もう身も蓋もないというか何の解釈もしないで、本当に丸々そのまま出してくる。ここまでやられると逆に何も言えない。なんだかんだ言って曲もいいしなぁ・・・でも、それは結局クイーンの曲が良いってことなんじゃないのか?何だかようわからん。作品内容も、あらゆるものがどっかで見たような感じなんだよなぁ・・・・かと言って、トッドラングレンがビートルズの完コピアルバムを作った時のような「ネタを見てくれ」という感じでもないし。評価に困るね。
ビッグオーはセカンドシーズンも制作され、そのオープニングは今度は『謎の円盤UFO』の丸パクだった。んでもってタイトルは「Respect」。いやはや。開き直ったら何をしてもええんか。でも、アンドロイドのドロシーが可愛かったので喜んで見てたが。(P)



ウィーアー!
(ONE PIECE OP1)

歌・きただにひろし
作詞・藤林聖子 作曲・田中公平 編曲・根岸貴幸

ありったけの夢をかき集め
捜し物を探しに行くのさ
ポケットのコイン、それと You wanna be my Friend?
We are,We are on the cruise! ウィーアー!


少年ジャンプの歴史を塗り替える勢いのスーパーベストセラーマンガ『ONE PIECE』も遂にアニメ化。主題歌も最初だけはタイアップではなくオリジナルをぶつけてきた。ワンピースは非常にデザイン的に優れた作品で、その海のイメージも相まって、どんな曲を合わせようとも爽快かつパワフルなワンピの世界にできるというパワーを持っている。しかも、最初のOPは田中公平による曲も誠に素晴らしい出来で、イントロにかぶるナレーションからタイトルが出るところで既に鳥肌が立つような、言うことなしのオープングになった。 (P)



時の流れが止まって
(ロマンスは剣の輝き2  OP)

歌・くにたけみゆき
作詞・金杉はじめ 吉田文 作曲・吉田文 編曲・畠義人 吉田文

時の流れが止まって すべて砂になったとしても
胸の中の想いは いつまでも輝く
キミと2人なら


『Anison Generation』を年別にサーチしてみるとこれでもかとひっかかるように、もはやエロゲーにも主題歌がつくのはあったり前な昨今。なんですが、ちゃんとゲームに見合った曲というのはなかなかないもんですな、これが。そんな中明るくポップ、そして清冽なボーカルのくにたけみゆきはWin以降のヌル…いや萌え萌えなF&Cのゲームそのまんま、これほどイメージに寄り添ったエロゲ歌手というのも唯一無二じゃないでしょーか。底抜けにポジティブな「時の流れが止まって」もそんなまばゆい陽光のような明るさと、フェミニンな魅力を振りまいてる名主題歌です。(いやー、F&Cがコンシューマー移植に妙な色気を見せたせいかロマ剣2はエロゲーじゃなかったんですが)
今ではエロゲーソングから離れ、ボーイズラブ系ゲームや『ギターフリークス』等コナミの音ゲーに流れてしまったくにたけみゆきですが、ゲームのことはおいといても正直ラ・ムー時代の菊池桃子を目の当たりにしてるかのような歯がゆさが。持ち味をイカせッッ!(は)


 

inserted by FC2 system