2012

この年を彩るキーワード
金環日食、東京スカイツリー開業、シリア内戦、ロンドン五輪、前田敦子卒業、尼崎事件、iPS細胞、Wii U発売
一般曲の主なヒット曲
夏のSounds good!(AKB48)、ワイルド アット ハート(嵐) 、片想いFinally(SKE48)、ER(関ジャニ∞)、WANNA BEEEE!!!(Kis-My-Ft2)、チャンカパーナ(NEWS)

 

君の神話 〜アクエリオン第二章
(アクエリオンEVOL OP1)

歌・AKINO from bless4
作詞・Gabriela Robin 作曲・菅野よう子 編曲・菅野よう子

畏れ! Living your life don’t give up now
keep moving on
君を抱きしめる何度も何度も何度も


おそれー!
前作ではアニメ見てなかった人でも主題歌知ってる(主にパチンコのCMで)ほどのブレイクを起こしたアクエリオン、期待とプレッシャーを背負って始まった今作でも主題歌は負けてなかった。
神話的荘厳さを押し出した前作に対し陽光を思わせる明るさ、圧倒的な「ハレ」のイメージに充ち満ちたこの曲は燦然とした輝きを放ってます。
本編再編集じゃないオリジナル映像がついてるのもグッドで、この点じゃ前作に勝っとりますな。中でも「渇いた心ほどけ血を流すけど〜」のくだりでミサイル撃ったら花が咲くあたりは絶品。
ひさびさのAKINOのボーカルもより熱量を増しており、ED1『月光シンフォニア』ではその情感がたっぷりと発揮されてます。(は)



カランドリエ
黄昏乙女×アムネジア ED

歌・奥井亜紀
作詞・奥井亜紀 作曲・田代智一 編曲・後藤康二

ひとりきりのさびしさ
ひとときのほほえみ
あなたがくれるものは
みんないとしい


1994年の歌年間でPEROさんが「奥井亜紀は、たま〜にアニメにやってきて良い歌を歌って帰ってく」と言ってたように、久々に来たよ奥井亜紀!
どこか異国情緒漂うもの悲しいメロディのこの曲でも、その歌声はどことない色香と暖かみを湛えて過度な湿っぽさを感じさせず、このアニメを綺麗に締めくくってくれます。
作曲の田代智一は『ハレ晴レユカイ』で知られる方ですが、こういう曲も書くのね。(は)




RED decision
(機動戦士ガンダムAGE ユニバースアクセル/コズミックドライブ OP)
歌・飛蘭
作詞・飛蘭 作曲・藤間仁 編曲・藤間仁

燃え果てた刻の中に 聞こえた愛しき君の声
間違えるはずなんてない 痛む心覚えてる


現代のアニソンシーンでハスキーなパワー系の女性ボーカルといえばこの人、飛蘭。
特にAGEのゲーム版主題歌であるこの曲は、CMでバックに流れてるのを耳にしただけですっかりハマる勢いでしたわ。(しかしアルバムに収録されたのはだいぶ後の話で、その間ヤキモキすることに)
ドラマを感じさせるその緩急あるボーカルは言うまでもなく、自らの作詞による歌詞もしっかりと物語に沿ったものなのもポイント高いです。
本編のED3『WHITE justice』とともに、ガンダム主題歌の歴史に名を残す曲に仕上がってます。(は)




Life is SHOW TIME
(仮面ライダーウィザード OP)
歌・鬼龍院翔 from ゴールデンボンバー
作詞・藤林聖子 作曲・tatsuo 編曲・tatsuo

本気(Magic)か!?本気で!?本気だ!!!! Show Time
まるで月と太陽
重なる時の衝撃!
誰だって 奇跡 信じてみたい


コミック…どころかエアバンドという飛び道具でブレイクを見せたゴールデンボンバー、アニソン界においてもイクシオンサーガDTのOP『DT捨テル』はタイトルから容易に想像できるような、お下劣そのものの歌詞で衝撃を走らせました。
そして今度は鬼龍院翔が仮面ライダーの主題歌に抜擢!…と言っても作曲のtatsuoはゴールデンボンバーの楽曲を努める「中の人」であり、以前からライダー関連の曲も手がけていて双方に関係が深くこの流れもむしろ必然というか。
ケレン味がありながら正統派ヒーローソングと言ってもいいこの曲、「魔法」を描く華やかな映像も平成ライダーにおいても出色の出来です。(は)




ジョジョ 〜その血の運命〜
(ジョジョの奇妙な冒険 OP1)
歌・富永TOMMY弘明
作詞・藤林聖子 作曲・田中公平 編曲・大谷幸

空 こぼれ落ちた ふたつの星が
光と闇の水面 吸い込まれてゆく

引き合うように 重なる波紋


ひょっとしなくても、世間的に今年一番話題を呼んだアニソンはこれじゃないでしょーか。
田中公平の超ヘビー級な曲に、これまた間違いのない藤林聖子の詞はまさに鉄板、これだけの有名作品の主題歌というハードルを軽々と超えていきました。たとえ当時アニメ化されてたとしてもこんな曲は聴けませなんだわ。
そしてそれとは対極を行くような、大森俊之の手になる瀟洒でオシャレなOP2「BLOODY STREAM」もよいです。
で……最初気づかなかったけど、これ歌ってるのダイバスターの主題歌の人なのね!まさかこんなとこで再会できるとは。
ハム平先生もぜひ歌って欲しいと言ってたように非常にカラオケ向けなこの曲、ぜひ(ジョジョ ジョジョ)ってコーラスのとこだけ歌いたい。(は)



Install×Dream
(武装神姫 OP)
歌・アン(阿澄佳奈)・ヒナ(茅原実里)・アイネス(水橋かおり)・レーネ(中島愛)
作詞・azusa 作曲・織田哲郎

あなたより先 歩いて 得意気に同じ大きさの影を並べてみるけど
本当は いつも後ろで守ってくれてたんだって気付いた
大切な人... Forever mine!!

この年、武装神姫が突然のテレビアニメ化!
しかも音楽を手がけるのは織田哲朗!
これにはびびった。なにしろアニメスタッフまで驚いてた。
しかしアイドルポップスも数多く提供してた織田哲朗だけに、この手の曲もお手の物ですな。特にテレビサイズとはひと味違い、いきなりの転調から思わぬ盛り上がりを見せるフルコーラス版はぜひ聞いていただきたく。
…にしても「ヒナみたいなめんどくさい女が好みだ!」と言ってた織田哲朗は、二話にして超あっさりデレてたのを見てどう思ったんでしょーか。マッハで落ちるようなチョロ女じゃなきゃ今の深夜アニメじゃ生きていけませぬ。(は)




Enter Enter MISSION!
ガールズ&パンツァー GIRLS und PANZER ED
歌・あんこうチーム:西住みほ(渕上舞)・武部沙織(茅野愛衣)・五十鈴華(尾崎真実)・秋山優花里(中上育実)・冷泉麻子(井口裕香)
作詞・畑亜貴 作曲・矢吹香那 佐々木裕 編曲・佐々木裕

Enter Enter MISSION!
早くここにおいで
一生懸命追いかけたいよ
だから一緒…Come on!!

この年ダークホース的な人気をかっさらっていったガルパン、いかにも企画モノライクなわちゃわちゃしながらも爽快なEDは非常にこのアニメらしいノリですな。
しかし前々から言ってるようにアレですね、それぞれ違った個性を持った声が織りなす魅力か、歌唱力に難がある人がいても紛れちゃうおおらかさか、この手の声優グループソングにゃめっぽう弱いのはなんなんでしょうね?
ともかくこんにちのの女の子いっぱい出てくる系のアニメソングとしてはある種の定番、完成系です。(は)



空の皇子 花の詩女
GOTHICMADE-花の詩女 ゴティックメード-
歌・川村万梨阿
作詞・川村万梨阿 作曲・長岡成貢


目を閉じ 空高く心を放とう
風に翼を預けて どこまでも
私の大切なあなたに 想いが届くように


正直最初はさっぱり期待しちゃいなかったんですよ、この映画。
しかし予告で耳にしていたこの主題歌はよかった。
20年前に聞いてた頃と遜色なく…いや、それ以上に響きわたる川村万梨阿のハイトーンボイスが空間の広がり、物語のスケールを描き出しそれだけで劇場アニメのメインタイトル的な風格を誇ってました。
そしていざ劇場で耳にした挿入歌、エンディング、そして驚愕のカーテンコールを彩る主題歌が立て続けに流れ出す三連コンボはまさに感動押し売り!音楽の暴力!映画館じゃなかったら泣きながらのたうち回ってるとこでしたわ。
ありがとうございました!ありがとうございました!(は)

inserted by FC2 system